TOP>お知らせ

お知らせ

法人

■入社式

H30.4.2

本年度は 3名の新たな仲間を迎え、平成30年度入社式が行われました。

 初心を大切に、自己研鑚を積み重ね、成長へのチャレンジを続けてほしいものです。

 

■粟島遺跡公開

H30.1.26

特別養護老人ホーム陽園の移転予定地で発掘調査中の「粟島遺跡」が公開されま

した。「粟島遺跡」は東西1.1キロ、南北0.4キロの奈良時代のものとみられる遺跡で、

建物跡や瓦などが出土しています。規模などから紀の川市教委は「寺院が使っていた

倉庫を寺院を管理していた豪族の住居があった可能性がある」としています。

■新年挨拶会

H30.1.4

さくらの丘1階ホールにて、新年挨拶会が行われました。

本年も職員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございます。

宜しくお願い申し上げます。

■グループホームさくらの丘オープン、

さくらの丘通所リハビリテーション移転オープン

H29.9.1

紀の川市にあるさくらの丘に『グループホーム』がオープンしました。

さくらの丘内にありましたさくらの丘通所リハビリテーションが移設しました。

お気軽に見学等お問い合わせください。

お待ちしております。

■グループホーム風倶楽部オープン

H29.6.1

高野口にある総合福祉センター風倶楽部に『グループホーム』がオープンしました。

お気軽に見学等お問い合わせください。

お待ちしております。

■平成29年度新入職員歓迎ボーリング大会

H29.5.26

「紀の川ボウル」の全レーンを借り切り、

新入職員歓迎と職員親睦のボーリング

大会が開催されました。

各施設から大勢の職員が集まり盛大に行われました。

■第19回陽会研究発表会(ミニ学会)

H29.5.13

研究発表は、各事業所より14題の発表となりました。職員の資質向上を目指し、研究の成果を披露しました。

※発表演題については、下記教育研修センターの欄をご覧ください。


 当サイトをご覧になるにはAdobe Flash Player が必要です

バックナンバーへ

私たちの活動

 

 

法人

■一般事業主行動計画(女性活躍推進法)を策定しました。下記PDFファイルにてご覧いただけます。

一般事業主行動計画(女性活躍推進法)

■一般事業主行動計画を策定しました。下記PDFファイルにてご覧いただけます。

一般事業主行動計画

女性の活躍推進宣言コーナーに情報掲載しました

H26.8.14

 

■広報紙の情報を更新しました。私たちの活動の各施設別ページよりご覧ください。

■平成24年4月1日より岸和田市立城東保育所が当法人に移管されることになりました。

 

■献血サポーターに登録しました

H23.10.21

■和歌山県人権尊重の社会づくり協定を締結しました

H23.7.19


       

■教育研修センター
各事業所において業務多忙の中でできるだけ多くの職員に研修を受ける機会を持ってもらう

ことを目標に活動を行ってきました。今後も引き続き多くの方が学び続けてもらえるよう支援

していきます。
クリックすると別窓でPDFが開き、ご覧いただけます。

サービス評価結果について

 

 ■平成30年度「小規模多機能型居宅介護 風の家」の総括表及び自己評価を公表します。

     総括表

          2018年風の家 サービス評価(総括表)

     自己評価

     2018年風の家 サービス評価(事業所自己評価)

 

教育研修センター

 

社会福祉法人陽会は、法人の理念「愛情」「責任」「奉仕」の精神を基本として全職員が、

社会事業の更なる発展と福祉サービスの質の向上を目指しています。

 教育研修目的

       (1) 正しい判断力と優れた創動力を持ち、責任感に裏づけされた実行力の強い人材

             を育成します。

       (2) 地域社会と利用者に愛され、信頼される人間味溢れる職員を育成します。

       (3) 社会福祉分野の高度で専門的な知識及び技術を習得してもらう。

       (4) 経営戦略の実践と経営革新に役立つ先端の知識及び技術を習得してもらう。

       (5) 人材育成を通じて職員相互の信頼性を高め、明るく働きやすい活力ある職場を

      作ります。

第19回 陽会研究発表会  H29.5.13

 〜演題〜

1.フットケアの効果の検証

2.介護老人保健施設における作業療法の効果について

    ー人間作業モデルの観点からー

3.生活リズムを構築するチームでのアプローチ支援

4.意味性認知症の療養者を支援して

    ー多職種連携における訪問看護師の役割ー

5.施設入居者の軽度認知障害のタイプ調査

6.マシーンを使用した機能訓練による歩行能力の変化について

    −介護者としての機能訓練支援の在り方ー

7.ソフト食と高カロリー食への開発の取り組み

8.デイケア利用者における認知機能に着目した取り組み

    ー集団体操を通じてー

9.「こんなことしてくれたら、いいなぁ」在宅生活を継続していくには

    ー介護者の視点から

10.ターミナルケアについてー本人様・家族様の想いに添うー

11.フットケアと歩行状態の関係性ーフットケアは歩行状態維持に役立つー

12.いつまでも食べる楽しみをー自分の意志で食べられる支援ー

13.口腔ケア実践ー暮らしの幸せに奉歯しますー

14.子どもにとっての正しい生活習慣とはー就学に向けての見直しと改善

第18回 陽会研究発表会  H28.5.7

 〜演題〜

1.レクリエーションのパワーと効果

2.介護支援専門員からみた訪問リハビリテーションについて

3.行事食でのソフト食

4.在宅生活での廃用予防ー生活の質を高める為の取り組みー

5.BPSDの原因を探り、症状の緩和を目的とした介護技術の検討

6.食べる楽しみいつまでも

7.介護と看護の連携ーオンコールから考えるー

8.グループホームでの生活機能から考える

            ー機能訓練を通して健康的な暮らしへー

9.口腔マッサージー口から食べることの幸せー

10.日中の生活リズムを整え睡眠パターンを安定ー認知行動的介入ー

11.介護ストレスフリーについて考えるーストレスのないケアの実現ー

12.楽しくおいしく食べようー食への興味・関心がもてる環境づくりー

13.慢性・職業性疼痛を持つ職員の調査

14.職場におけるメンタルケアについて

15.子どもたちの自由あそびの変化についてー体力測定の変化ー

第17回 陽会研究発表会  H27.5.9

 〜演題〜

1.入居している認知症高齢者の心身の安定と生活リズムを獲得できる介護

 技術の検索 -過去の成功事例の取り組みからの新たな発見-

2.「気づき」で在宅生活を支える

3.軽度認知障害を持つ入居者の早期発見と認知症への予防的介入

4.外出によるQOLの変化について -適切な外出支援とは-

5.ADLの向上 -水分を中心に-

6.口コミの数値化を通じたサービス品質の改善の取り組み

 -正味推奨者比率(NPS)のデイサービスへの応用-

7.浮腫を改善しよりよい日常生活への援助

8.穏やかに過ごして頂くための取り組み

9.豊かに暮らす「生活の一部としての通所介護の役割について」

10.ヒヤリハットから気づく力  -リスク覚悟で自由な生活を目指しつつ、      リスクをプロの力で最小限にしていく-

11.嚥下困難者に対応した食事作り

12.心地よい睡眠を目指して -日光と睡眠の関係-

13.体力作りの基礎はハイハイから -コアキッズ体操-

14.症例発表(M氏・T氏への関わり、介護過程の展開を通じて)

 

バックナンバーへ

ISO

陽会はISO9001:2015の認証を取得しています。

社会福祉法人陽会は人材育成、サービスの質の向上、リスク予防等に積極的に取り組んでいます。
しかし、あらためて振り返ってみると果たして何処まで出来ているのだろうという不安はいつも持っています。
ただその評価は、利用者さんや家族の方、地域の方が判断され評価するものだと思っています。
私達は、人材育成、サービスの質の向上に向け日々取り組んでいることは間違いありません。
その取り組みを形として皆さんに分かってもらうひとつの方法として1年かけて平成17年3月18日にISO9001:2015の 認証を取得いたしました。

・特別養護老人ホーム陽園

・介護老人保健施設さくらの丘

・風の里デイサービスセンター

・陽会居宅介護支援事業所